徒然なるままな雑記ブログ 

歴史、哲学、レトロゲーム、見た夢の話とか日常感じたこととか読んだ本の感想とか何でもあり

ケーペニックの大尉事件 人は外見や権威付けに弱い

”ケーペニックの大尉事件”という出来事がかつてドイツで起きた。

一介の靴職人、元詐欺師であったに過ぎない中年男性が、古着屋でいかめしい陸軍大尉の制服を購入し、それを着ることで自分を陸軍の実際の幹部に見せかけたのである。

そして街にたむろしていた陸軍の歩兵を引き連れて命令し、市庁舎に乗り込んで市長を逮捕し、マルクを奪った事件である。

ja.wikipedia.org

 

街の通行人も、ドイツ陸軍の隊員も、市庁舎の市長や職員も誰もこの中年男性が偽物であることを見抜けず、信じ切ったというところに大きなポイントがある。

その信じ切ってしまった理由は、この事件を引き起こした男が重厚な陸軍大尉の制服を着ており、外見に威厳があったからである。当時ドイツは軍隊が絶大な威光を保っており、特に軍の制服姿というのは、その権威の象徴でもあった。

 

その権威の象徴である制服を非常に上手く利用した事件であった。

 

人は立派なスーツであったり、あるいは職業の制服を着ている人間に対しては、何故か信用してしまう性質を持っている。詐欺師や泥棒でも立派なスーツを着ていれば有能なビジネスマンだと勘違いするし、白衣の立派な衣装を着ていれば本物の医者であると信用してしまうだろう。また警察の制服を着ていれば、本物の警察官だと信用するに違いない。

 

これには、時間や労力の効率化に大きく関係している集団心理である。確かにごくまれに外見の制服を悪用して騙す人間が居るかもしれない。しかし概ね外見の制服はそのまま職業やその人の能力を今までの経験上表していたので、そのまま信じることは時間や判断労力を大きく節約し、効率化してくれる。

これは外見だけではなく、海外の有名な大学の博士課程を卒業していたり、立派な資格を持っていたり、立派な功績や賞を取った人を有能で優れた人物だと判断する時も同じである。時には立派でない時もあるが、おおむね当たるので効率が良くなる。

有名なブランド企業の商品を購入するのも、そういった企業の商品であれば安全であろうというバイアスが働くからである。

 

それを更に推し進めて考えると、極端に言えばこの世界の物理法則だってそうである。太陽が毎日東から西に沈んだり、万有引力の法則であったり、といったあらゆる物理事象も結局は過去の偉大な物理学者が発見した法則であったり、日常の経験則を信じているに過ぎない。

明日急に太陽が法則通りに動かずに爆発したり、万有引力の法則が働かなくなる可能性も決してゼロではない。結局は物理法則というのも今までの経験則や事象から帰納されたものにすぎず、その絶対性が保証されているわけでもないからだ。

だが、生活を送るにあたってそんな天文学的に低い確率のことまで考慮に入れていられない。その法則が働くとして日常を過ごした方が遥かに効率が良いのである。

 

結局は、人が外見や権威付けに弱いのは確率的思考による時間や脳の判断労力の省力化による効率の賜物なのである。

 

 

 

 

 

パレートの法則

パレートの法則というイタリアの経済学者が考案した法則がある。

重要なことは全体の2割で、その2割で成果全体の8割が決まる、という法則である。

 

例えば仕事や成果物であれば、その完成の8割近くに貢献するのは全体の2割の作業や時間、あるいは売り上げであれば売上高の8割は2割の顧客ないし目玉商品で決まることを意味する。

 

そして、その2割の作業や顧客、商品、物事に注力すればそれが8割もの成果を産むため、効率が良く注力すべき部分だ、と教える。

 

これを体感的に実感するのは、締め切りに迫られたときの試験であったりプレゼンの準備であったり、納期の仕事を行うときだろう。

 

締め切りがまだ先の時は、時間に余裕があるため完璧の10割を目指して、あれこれ細部までやろうとする。

試験勉強であれば、重要度の低い論点やマニアックな知識、プレゼンや仕事であれば、細部のデザインや言い回し、本筋と関連はあるものの必須ではない資料を調べたり取り入れたりしようとする行為が該当する。

 

しかし、締め切り直前になると時間的余裕がなくなるため、強制的に重要な2割の部分に注力するようになる。

試験であれば頻出論点であったり、仕事や請負であれば最低限求められている問題提起とそれに対する解決策の提示といった具合である。

そして追い詰められてその2割の重要部分に全力投球した結果、間に合ってしまうことも多いものである。

 

これを平時に活かすならば、全体の出来の8割は重要な2割から生まれるとのパレートの法則を頭に留め、「もし仮に締め切り直前ならば、どの分野や作業、業務に注力するか?」と問いかけることが有効だ。

 

それにより、平時でもその2割に注力することで結果的に速く試験勉強や仕事、納品が完成し、時間を大いに節約することも可能となる。

 

細部までみっちりやろうとする10割の完璧主義は得てして挫折するし、効率も悪くなるものだ。パレートの法則を念頭に置き、8割主義で良いと割り切ることも重要である。

 

 

 

 

 

 

 

 

手書きは脳を活性化させる

今の時代はパソコンやスマートホンといった便利な情報端末があるため、文字等を手書きする機会は多くの人に取り、非常に減っていると思う。

 

たとえば企業の面接を受けるための履歴書作成でもパソコンのエクセルで打ち込んで印刷することが今や一般的だ。手書きでの履歴書作成機会は少なくなっている。

 

また何か忘れないようにメモをしておきたいときでも、パソコンやスマートホンのメモ帳で簡単にメモの備忘等が可能である。

 

あるいは仕事の場面でも、ワードやエクセル、メールなどパソコンへの文字の打ち込みでほぼ業務が事足りる為、紙やノートに筆記したり、メモ用紙を使って手書きで何かメモする機会は減っていると思う。

 

ただ手を使って直接、何か文字を筆記するという行為は意外に指の調節や力加減の精妙さを求められる。

その為その手や指の運動により、非常に脳に刺激を与え、活性化させる行為だと言われている。パソコンやスマホに文字を打ち込むよりも遥かに複雑な指の動きが求められるからだ。

 

よって、何かを記憶に留めたいときや学習したいときには敢えてアナログの手書きで筆記する方が、脳が活性化して頭に入りやすく覚えやすいと言える。

仕事の手順や作業を覚えたい時もしかりである。

 

あるいは週に2,3回は敢えてノートに手書きの日記を付けて脳の情報整理をするのも手だろう。

 

便利なデジタル機器のパソコンやスマホを活用しつつも、アナログの文字の手書きによる効用も忘れずに享受していきたいものである。

 

 

 

 

 

 

日商簿記3級はビジネスマンにとりコスパ最高の資格

資格の中でも、ビジネスマンやあるいは個人で事業や商売を行う人にとり、日商簿記3級はコスパ的に最高の資格であると思う。

 

簿記は決算発表を読み解いたり、企業の帳簿をつける際に必須の技術だ。お金の動きは商売に直結する重要事項である。

 

日商簿記がとっつきにくいのは、借方と貸方という複式簿記の概念が登場するからだ。

普通の人は小遣い帳や家計簿をつけるとき、お金の出し入れをそのまま記録する単式の記録方法に慣れ親しんでいるが、そのような常識からは出てこない二方向からお金の動きを捉える考え方がしばしば登場する。これが今までの常識に反した心持ちがして違和感を覚えてしまうのだ。

 

貸方や借方であったり、その考え方を基にした貸借対照表等の基本的な複式簿記の概念理解は、日商簿記3級の試験合格レベルの学習で身につく。

 

トータルの学習時間は凡そ100時間程度であり、年に複数回実施されており、受験料も3000円未満と非常に廉価だ。

時間やお金をあまり掛けずに済むという意味でコストが低い。そして、複式簿記は資本主義社会の上場企業のお金の流れや決算を読み解いたり、経理に携わる上で必須のスキルであり、その基礎概念が身につくだけでもパフォーマンスは非常に高い。ビジネスマンや個人事業主にとっては、役立つ局面しかない。

 

一方、日商簿記2級はどうかというと途端にコスパが悪くなる。何故かというと今や簿記2級は非常に難しくなっているからである。出題範囲の改定により、かつては1級の範囲であったリース会計や連結会計、外貨建て取引、税効果会計といった複雑な分野を学習しなければならない。

また重要ではあるものの、製造業特有の工業簿記が2級から登場するが、多くの人にとっては商業簿記よりは実用度が低くなる。

 

勿論簿記2級は資格の市場価値としては非常に有用であり、企業が応募者に求める資格や応募要件として記載される資格としてはトップクラスである。特に未経験から経理業務に転職を希望する際は、必須の資格であると言えるだろう。

しかし、パフォーマンスは確かにかなり良いものの、難易度があまりにも高くなってしまい生半可な勉強では合格が難しく、時間的なコストとしては高くなっている。

 

 

デザインや色彩的センスとビジネスの掛合わせ

アップルのiphoneは今や世界中の人にとって、馴染みの深いものとなり爆発的ヒットを成し遂げた。日本においてもiphoneユーザーは多く、新型モデルが発売されるたびに報道が沸いている状況である。

 

スマートホンはiphoneやandroidOSのもの等があるが、勿論ガラケーのような主に電話とメール機能だけではなく、便利な種々のアプリの登場によりガラケーにとって代わる新時代のツールとなったことは疑いない。

 

ただ、iphoneがヒットした理由の大きな一つはその本体構造のデザインセンスや機能性の良さだ。お洒落なリンゴのマークのシンボルや無駄なものをそぎ落としたシンプルなデザインのホーム画面や筐体、指のタップ一つで画面が移動したりアプリを追加削除できる機能性センスの良さが世界中の人々に受ける要素になったのである。

 

こういったいわば、デザインセンスや色彩的センスというのはビジネスにおいて隠れた重要な要素になっている。どんなサービスを実際に提供するか、あるいは生活に役立つか、便利か、といった要素は間違いなくビジネスを左右する表立った要素で分かりやすい。

 

ただそれと同じくらいデザインや色彩等のセンスでビジネスが左右されている可能性がある。簡単に自社のサイトやHPであったり、youtubeやインスタグラムを使った動画や映像、画像を発信することが出来る今の時代だとなお更である。

しかし、あくまで副次的要素にしか見えないのであまり注目されないのが難点だ。

 

webデザインや、色の組み合わせ、機能性といったクリエイティブ的な要素をwebデザイナーであったり、イラストレータークリエイターの専売特許にしておくのは勿体ないように思える。

 

例えば文科省後援の色彩検定であったり、デザイン系の初級の資格を目指すことで基礎的なデザインや色彩の組み合わせ等の知識を得る。簡単なデザインや色彩の入門書を読んでみる。

こうしたちょっとしたことでデザインや色のクリエイティブ的な知識を得たら、ビジネスとの相乗効果が期待出来るかもしれない。

 

デザインセンスや、色、色彩組み合わせ的センスは、ネットが発達し、一億総発信者になれるこのご時世にはささやかだが、命運を分けるかもしれない能力である。

 

 

英語学習のバロメーターとしてTOEIC試験は非常に優れている

英語の学習というのは、グローバル化がますます進む現代社会においてその要請は強い。

昔からそのことが言われてきたが、現在日本では実際に欧米本社の外資系企業のサービスが隆盛を誇っている。AmazonしかりTwitterしかりウーバーイーツしかりYou tubeしかりである。これらのサービスは勿論説明や注意点等、日本語表記だが、英語を読みこなすことが出来れば、原表記の自然な説明を読み解くこともでき、より深くサービスを享受できるようになる。

要は企業のグローバル化、競争の熾烈化により英語は昔よりももっと身近なものとなってきた。昔と違い現在では小学校段階で英語が義務教育として取り入れられるようになっているほどである。

またIT化社会が進む中、プログラミングの重要性も言われているが、プログラミングの表記も全て英語であり、英語が出来ればより深くプログラミングにも関われるようになる。

また日本は少子高齢化がどんどん進んでおり、資源も十分にあるというわけではない。そういった意味で国の将来性についてはいくばくかの疑義を挟まざるを得ず、将来は移住したいと考える人も居るだろう。

英語圏アメリカやカナダだけではなく、比較的日本から近い国で英語が話されており、将来が有望といえる国々にはオーストラリア(資源が豊富)、香港、シンガポール(アジア屈指の金融セクター)、あるいは東南アジアでもフィリピン等がある。

英語が出来るだけで、海外へのチャンスが飛躍的に増大する。

将来の選択肢を増やしておく意味で、英語が出来るようになるにしくはないだろう。

 

ただ英語を学習するといっても漠然と英会話学校に通ったり、英語の参考書や洋書を買ってきて読んだり、洋画や海外ドラマを見たりしたとしても、英語力が上達しているかどうかの実感が湧きにくいだろう。

英語学習のバロメーターとしてはTOEIC試験が優れている。その理由としては、受験料は6000円前後でさほど高くないこと、オールマーク式試験の為、取り組みやすいこと、年に一回や二回ではなく、比較的多くの月に開催しているので受験機会が多いこと(ただ現在ではコロナの影響の為、受験には抽せん制が取られており以前と比べ機会が減ってはいる。)、そして最大の利点は実務的な英語であるということだ。

 

実務的な英語であるとはどういうことかというと、構成としてはリスニングとリーディングだが、実際にビジネスの場面や日常生活の場面で多用するような英語の出題が多数されることである。リーディングの問題でも英文メールのやり取りやSNSメッセージツールを使ったビジネストークのやりとり、海外サイトでよく見かけるような企業の宣伝のHPといったものがよく出題される。

TOEIC試験対策の学習を通じて、このような実務的な英語のリスニングやリーディングを学ぶことが出来るのがメリットである。

逆に大学受験であったり、あるいはTOEFLや英検はどちらかというと高度に抽象的な内容の英語の問題が多い。これは教養的な意義は大きいものの実務的な英語という観点からはTOEICよりも見劣りする。TOEICではそのような抽象度の高い英語は殆ど出題されず、ひたすら実務の英語に特化しているのである。

 

現実に要請が高いのは、抽象的で教養的な英語ではなく実際に海外に行ったり住んだときに、ビジネスシーンや日常シーン等で英語を聞き取れるようになり、あるいは読めるようになることだろう。そのような観点からはTOEIC試験の勉強は適している。

 

 

 

 

コスパの良い資格試験・学習

コロナの影響もあり、休日に外出して飲食店等やイベントに行くのも気が引け、室内で過ごす時間が多くの人にとり、増えていると思う。

 

コロナ禍の混迷が深まる新時代において、将来への不安からスキルアップを目指し、そうした室内で過ごす増えた時間を利用して、資格等を目指し勉強を始める人も多いだろう。

 

それではどのような資格試験や学習がコスパが良いのか。折角学ぶならば、コスパが良く実務的で役立つ知識やスキルを身に付けたいものである。

 

お薦めしたい資格試験は宅建士試験、社労士試験、簿記試験、IT系資格、そしてTOEIC試験である。

法律不動産関係知識や社会保険、帳簿、IT、そして英語の知識はダイレクトに実生活に役に立つ。そして上述の資格は仕事をしながらでも取得が可能であり、なおかつ市販の参考書が充実しており、独学でも目指しやすく予備校等の費用を浮かすことが出来る。

宅建士試験では民法借地借家法、そして非常に実務的な宅建業法等が多く問われる。実際に不動産を借りたり、あるいは売買、投資したりする際にも役立つ知識となる。

 

社労士試験では労働基準法や雇用、労災、国民年金や厚生年金といった実生活に直結する知識が多く登場する。

 

実務的な知識が出題される資格を目指す最大のメリットはもし仮に試験に不合格であったとしても、試験勉強を通じて得た知識がムダにならないということだ。

そういった実務知識は一生モノである。

 

なお、資格試験としては行政書士試験を視野に入れる人も多いだろう。かなり知名度が高くメジャーな国家資格だからだ。

しかしあまりコスパが良いとは言えないように思える。

何故ならば行政書士試験で多く問われる行政法は教養的な意義は確かに大きいものの、実生活では殆ど役に立たないし、また行政書士試験に合格して開業する際にもほぼ活用することのない知識だからである。行政書士試験で出題される一般知識も同様だ。

また行政書士試験では記述問題が行政法民法で出題される。

これらの記述問題については独学が難しく、そのために予備校費用が掛かり得るというコスパ的なデメリットもある。

民法や商法、憲法も出題されるが、これらの科目については実用性が大きい。行政書士試験では民法も多く出題されるので、この部分の知識については大いに役立つだろう。

 

ちなみに司法書士や税理士、会計士といった資格は高度に実務的で役に立つ知識だが、難易度があまりにも高く会社に勤めながらの取得は事実上難しいというデメリットがある。

 

次回では、資格試験であるTOEIC試験のコスパについて詳述したい。