徒然なるままな雑記ブログ 

歴史、哲学、レトロゲーム、見た夢の話とか日常感じたこととか読んだ本の感想とか何でもあり

ポテトチップスを調子に乗って、食べ過ぎて後悔する。

ポテトチップスは非常に美味しい。

さくっと食べられて、食感も最高、そしてフレンチ、コンソメ、ゴマ醤油等々ありとあらゆる味付けのものが発売されている。シンプルに塩味も美味しい。

値段も安価だ。

駄菓子のカテゴリーに入ると思うが、材料はジャガイモなので栄養価的にもそれほど悪くはないと思われる。

 

GW中の昨日、夜にコンビニで100円のポテチを2袋買って

本当は1袋だけであとは置いておくつもりが、食べ出すと止まらずに

2袋平らげてしまった。

 

満腹感は食べた直後には訪れず、時間差でやってくる。

自分は食べた後、そのまま寝てしまったが翌朝起きると

胃がもたれてグルーミーな気分になっていた。

 

ポテチはそれなりに腹持ちが良いが、それは裏を返せばそれなりに胃の消化に時間がかかるということである。

味を楽しむつもりなら、一回の量は100円前後のポテチの袋を1袋がベストだ。

あるいは45円前後のミニサイズのそれを2袋という手もある。

 

徳用サイズの300円~400円のポテチも売っているが、あれを一挙に食べるのは

ほぼ自殺行為に近い。一日ずつ、あるいは置きに分けて食べるべきシロモノである。